• 画像1

桜学ゼミの3つの特徴 高校生の大学受験合格の秘訣は「学習習慣」

01 年中無休で使えるマイデスク 一人一席の自習机
02 専門講師による 個別授業と基礎の徹底
03 大学受験のための 徹底した進路指導

桜学ゼミでは、勉強の基礎を大切にしています。勉強の基礎とは、毎日の積み重ねです。平日も土日も、毎日コツコツと勉強をして初めて成績が伸びて、大学受験に合格することができます。高校生向けの学習環境は香椎地区でもトップクラスであると自信があります。卒業生にヒヤリングしながら、「香椎にこんな環境があったら」を実現しています。難関大受験に精通したゼミ長を始め、大学受験合格への努力を応援します。

当塾の特徴を詳しく見る
開業3年間で難関大学合が続々!! 東大・九大)→(旧帝国大合計) 5名 国公立大・難関私大 37名 西南・福大 17名

福岡市東区香椎にある桜学ゼミは、大学受験専門の個別指導学習塾です。
香椎の桜学ゼミで提供している、年中無休で使えるマイデスク・専門講師による個別授業と基礎の徹底・希望する大学受験合格のための進路指導で、東大・九大をはじめとする難関大学や国公立大学の合格者が続々と出ています!!
難関私大・国公立大学(東京大学・九州大学など)や西南大学や福岡大学の受験対策なら香椎の桜学ゼミへお気軽にお問合せ下さい。

環境が変われば増える勉強時間! 大学合格への必須条件は勉強できる環境にいること

学年:高校3年生
部活:應援団
志望校:九州大学医学部看護
入塾時期:高校2年生 2月~

週2回個別授業・毎日自習室利用

学校の授業で理解していない部分を、春休みを利用して基礎から徹底的に解説しました。
部活で疲れている事も多かったので、まずは1日1時間の自習を目標に指導していきました。

スケジュール
  • 通う前の生徒の声

    平日はほぼ部活できつかったので、夕食後は寝ることが多かったです。その他の時間は大体SNSやYoutubeに費やして、体力が残っている時やテストが近くなった時くらいしか勉強していませんでした。

    土日は、平日のきつさを取る為に、昼くらいまで寝ていることが多く、そこからは昼食、SNS、昼寝、勉強をしました。土日は最低3時間は勉強していました。テスト前は、部活がないので、平日(5時間)土日(6~8時間)勉強できる場所に出かけて勉強してテストを乗り切っていました。

  • 通ってからの生徒の声

    平日はほぼ毎日部活できつかったので、塾に来ても30分程仮眠を取ってから勉強していました。眠い中ギリギリの時間まで集中して勉強することを目標にしていました。SNSに時間を費やすことがなくなり、無駄な時間がなくなりました。土日は大体昼ごろに塾に来て23時まで勉強していました。仮眠や軽食を取りつつ、平日勉強時間が少ない分土日に頑張りました。家に帰ってからは勉強をせず、ご飯を食べてお風呂に入って寝るという、メリハリのある生活をしていました。
    *9月上旬(体育祭)まで部活があり、土日は試合の応援に行ったり夏練がとてもきつく、行事も多かったのでとてもハードな部活でしたが、塾に来てから、勉強とそれ以外の時間のメリハリがついてとても良かったです!

福岡高校の定期テストにて 280/400位 → 80/400位

ピックアップ コンテンツ

  • 他の塾との違いについて
  • 大学受験に強い理由
  • 難関大・国公立大に合格するための大学受験戦略
  • 志望校の選び方がわからない高校生へ
  • 私立大学を受けるために必要な受験戦略
  • テクニックで乗り切るセンター試験