【合格体験記】九州産業大学商学部

九州産業大学に合格しました!

九州産業大学 商学部 経営・流通学科に見事合格することができました。中学生・高校生と運動部をずっと続けており、高校受験前の数ヶ月以外は、ほとんど勉強をしていませんでした。ただ、どうしても大学に進学したい!との希望で、中学からの復習も含めて勉強をしていきました。きつい日々を乗り切って、無事に合格できました!

合格
大学 九州産業大学
学部 商学部
学科 経営・流通学科

こんな生徒です!

高校名 玄界高校 学科など 普通科
部活 ハンドボール 入塾時期 高2 6月~
文理選択 文系  
社会選択 日本史 理科選択 化学、生物
得意教科 英語 苦手教科 社会

生徒にインタビューしてみました!

無事に合格した生徒に、桜学ゼミでの勉強や、合格までの道のりをインタビューしました。今まで勉強をしていなかったけど、これから頑張ってみよう!と思っている高校生は参考にしてみてください。また、担当講師からの合格へ繋がった要因を分析してもらいました。

Q1. 塾に通う前の学習習慣について教えてください。

塾に通う前は全く勉強をしていませんでした。部活が終わって家でダラダラスマホばっかりしていました。

Q2. 塾に通い始めてから、学習習慣や生活がどのように変わりましたか?

部活が終わってから塾に通うようになりました。土日も塾が開いていたので、部活が終わった後に勉強時間を確保できるようになりました。

Q3. 桜学ゼミの授業や塾の雰囲気はどうでしたか。

先生が一人一人に詳しく教えてくれるので、自分が理解できるまで勉強できる。自分の力で最後までできる。

Q4. 志望校合格に向けてこれだけはやりきった!ということを教えてください。

英文の訳と単語を覚えること

Q5. 最後に、今から大学を目指す高校生に一言お願いします。

大学生になったらいっぱい遊べるよ。今が一番大事だと思います。体調管理をしっかりして、自分の力を発揮してください。

担当講師の分析

まずは全くやっていなかった勉強を、習慣づけるところから始めました。部活が終わってから、少しの時間でもよいので塾に寄る習慣をつけていってもらいました。家が近かったこともあり、家には帰らずに塾に寄ってもらうことで半ば強制的に習慣をつけていきました。
そうすることで、部活が終わった後にスムーズに受験勉強に移ることができるようになり、部活中には伸び悩んでいた英語もしっかりと点数を取ることができるようになっていきました。まずは、できることでしっかりと点数を取ることに重点を置くことで、勉強を辞めてしまうことを避けていきました。受験直前は何時間も自習机に向かうことができるようになり、なんとか大学受験に間に合いました。